卵巣がんの治療法

卵巣がんの治療法

卵巣がんの治療法

卵巣がんのガイド

卵巣がん治療法について解説しています!

 卵巣がんの治療法は、病期によって異なります。手術できる場合は、できるかぎり手術で病巣を取り除き、必要に応じて化学療法を組み合わせることが治療の基本です。

がんの中でも、卵巣がんは抗がん剤の反応が良いため、化学療法が大きなウエイトを占めています。

卵巣がんステージ、T〜U期の治療法

 T期またはU期で発見できた場合は、外科手術で腫瘍を完全に摘出することを目指します。再発リスクが高い場合は、術後に抗がん剤を投与します。

卵巣がんの手術では、たとえT期であっても、両方の卵巣に加えて、卵管と子宮、大網までを摘出することが一般的です。いずれも転移しやすく、予防的に切除したほうが確実だからです。

大網(だいもう)とは、胃から腸にまでつながる、大きな網状の脂肪組織であり、卵巣がんが転移しやすいところです。切除しても害がないため、転移がみられなくてもかならず摘出します。

ただし若い女性で、これから妊娠・出産の希望がある時は、病巣のないほうの卵巣と卵管を温存する手術を行える場合もあります。

卵巣がんステージ、V期〜W期、再発時の治療法

 V期以降になると、化学療法が重要になってきます。手術ができる場合も、術後に徹底的に抗がん剤を投与して、腫瘍を根治することを目指します。

もしくは手術前に、抗がん剤でできるだけ腫瘍を小さくしてから手術をすることもあります。

他のがんでは、腹腔内に播種(がんが散らばったように広がっている状態)がみられる場合、手術をあきらめざるを得ないことも多いのですが、卵巣がんは抗がん剤の感受性が高いがんです。

手術でなるべくがんを取り除いてから化学療法を行うことで、良い結果が得られるケースもみられます。

手術は、2回以上実施されることも少なくありません。リンパ節に転移している場合は、1回目もしくは2回目でリンパ節郭清(切除)を行うことが一般的です。

W期でも、基本的にはV期と同じ基準で治療が行われますが、手術よりも化学療法がメインとなることが多くなります。

初回の治療後に再発・転移した場合の治療も、化学療法が中心となります。ただし手術ができる場合もありますので、症状に応じて治療法が検討されます。

抗がん剤は、治療から半年以上経っている時は同じ薬を使えることがありますが、半年未満の場合は違う薬を使うほうが効果は高くなります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がんの外科手術
サイトのTOPページへ