卵巣がんの腹部超音波検査

卵巣がんの検査・診断

卵巣がんの腹部超音波検査

卵巣がんのガイド

卵巣がん腹部超音波検査について解説しています!

 卵巣がんの検査で行われる超音波検査の中でも、膣からではなく、おなかの上から調べるものが腹部超音波検査です。かなり巨大化した腫瘍も観察しやすく、進行した卵巣がんに向いています。

卵巣がんの腹部超音波検査とは?

 卵巣がんの初期検査としては、膣内から卵巣をチェックする「経膣超音波検査」のほうが優先して行われます。小さな腫瘍も発見できる、非常に優れた検査ですが、広い視野が得られるという点では腹部からのほうが有効です。

おなかの表面に医療用のジェルを塗り、その上からプロープという器具をあてて、中の臓器を観察します。

ある程度、赤ちゃんが大きくなってからの妊婦健診でも行われている安全な検査です。おなかの上でプロープを自由に動かすことができますので、全体の様子を把握でき、15センチを超えるような大きな腫瘍も確認しやすいメリットがあります。

既に腹水がたまっている、もしくは腹膜播種(お腹にがん細胞が散らばること)を起こしているようなケースでも、腹部からの超音波検査が行われます。より全体像を観察したほうが良いからです。

ただし超音波検査で卵巣に巨大な腫瘍が見つかったとしても、かならずしも卵巣がんとは限りません。

確率的には、子宮筋腫の可能性のほうが高いとされています。より詳しい診断をつけるためには、別途MRI検査などが必要です。

卵巣がんの腹部超音波検査は、抵抗感の少ない検査です!

 腹部超音波検査は、下着を脱いで内診台に横たわる必要がなく、普通の診察台やベッドに寝そべりながら受けることができるため、経膣超音波が苦手な女性には、抵抗感も少ない検査といえます。

ただし、経膣のほうがより詳細な画像を得られますので、婦人科の検査では何らかの理由で経膣エコーが向いていない場合に、腹部エコーが行われることが一般的です。

例外として、まだ性経験のない若い女性では、希望に応じて腹部エコーを受けられることもあります。

また経膣と異なり、腹部からの超音波ではできるだけ膀胱に尿をためておいたほうが、画像が鮮明に映し出されます。

エコーは空気を苦手とするため、尿という液体があったほうが臓器の確認がしやすいからです。ただし最近では、こだわらない病院も増えています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がんのMRI検査
サイトのTOPページへ