卵巣がんの経腟超音波検査

卵巣がんの検査・診断

卵巣がんの経腟超音波検査

卵巣がんのガイド

卵巣がん経腟超音波検査について解説しています!

 卵巣がんの初期検査として、もっとも有効とされているものが、経膣超音波検査です。膣内から直接、子宮や卵巣の様子をチェックできる検査で、小さな腫瘍の発見にも役立ちます。

卵巣がんの経膣超音波検査とは?

 超音波(エコー)検査とは、体内の組織に超音波をあて、はね返ってきた反射波を画像として映し出す検査です。患者さんもテレビモニターで確認しながら、医師の説明を聞くことができます。

レントゲンのようにX線を使用しませんので、被爆の心配もなく、妊婦さんの健診でも毎回行われる安全な検査です。

超音波検査には、経膣エコー経腹エコーの2種類がありますが、卵巣をより詳細に観察できるのは経膣エコーになります。

プロープという細い医療器具を膣内から挿入して行います。力を入れすぎなければ痛みもほとんどありませんし、プロープには滅菌のカバーをかけますので清潔です。

子宮内が正常かどうか、卵巣に腫れはないかどうかを鮮明な画像で調べることができ、2〜3センチの小さな腫瘍も確認することができます。

一般的に、腫瘍は白っぽく映し出されることが多いのですが、これだけでは内容までは分からないため、より正確な診断をつけるためにはMRI検査などを併用します。

年に1度は受けたい卵巣がんの検査

 経膣超音波検査は、卵巣がんの初期診断にかならず行われる有効性の高い検査ですが、腫瘍の大きさや進行具合によっては、経腹のほうが望ましいこともあります。

たとえば腫瘍の直径が15センチを超える場合や、腹水がたまっている場合、がんが進行して腹膜播種を起こしている場合などです。

そのようなケースでは、おなかの上からエコーをあてたほうが有効とされています。経膣超音波検査は、至近距離で卵巣を確認する検査ですので、広い視野が得られにくいためです。

つまり経膣エコーは、卵巣がんの早期発見に役立つ検査といえます。

子宮がん検診でも同じ検査が行われますので、あわせて卵巣のチェックもしてもらうようにする他、下腹部に気になる症状がある女性はぜひ積極的に受けましょう!

年に1度受けるようにすれば、婦人科系の病気の早期発見にかならず役立つはずです。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がんの腹部超音波検査
サイトのTOPページへ