卵巣がん検診

卵巣がんの検査・診断

卵巣がん検診

卵巣がんのガイド

卵巣がん卵巣がん検診について解説しています!

 年々増え続けている卵巣がんですが、残念ながら厚生労働省の定める「がん検診」の中には含まれていません。

自治体や職場で行われる検診でも、卵巣がんを調べるものはほとんど実施されていない現状があります。そのため、自分で定期的に婦人科検診を受けることが大切です。

卵巣がんの検診がないのはなぜ?

 卵巣がんは症状が出にくい上、確実なスクリーニング検査がないという難しいがんです。たとえば子宮がんでは、直接細胞を採取して検査を行うことができますが、卵巣は奥のほうにある臓器ですので、それができません。

また患者数が増加しているとはいっても、乳がんや子宮がんと比べるとまだ発症する頻度が低いことも、検診が広まらない一因と考えられます。

卵巣がんの診断をつけるためには、超音波だけではなくMRICTといった高度な画像検査を組み合わせる必要があり、費用と発症頻度を照らし合わせて考えると、自治体や職場の検診で行うことは難しいようです。

だからといって何も検査を受けなければ、万が一かかった時に、既に進行した状態で発見されることになってしまいます。

定期的に経膣超音波検査などを受けるようにすれば、卵巣の異常の発見につながりますので、ぜひ習慣にしたいものです。

年に1度は婦人科で検査を

 つまり卵巣がんを早期発見するためには、1人ひとりの女性が意識を高めて、定期的に婦人科を訪れるしかない、ということになります。

もっとも有効なのは、年に1度の子宮がん検診の際に、あわせて卵巣のチェックを受けることです。細胞診を行う時に経膣超音波検査も受けますので、同時に卵巣の状態も見てもらうことで、腫れなどを確認することができます。

子宮頸がんは若い世代の発症も急激に増えているため、ぜひ20代から年に1度は受けるようにしましょう。

これとあわせて、血液検査の「腫瘍マーカー」も利用すれば、卵巣がんの発見率は高くなるといわれています。腫瘍マーカーは、自宅でできる郵送検査のキットもあります。

また太っていないのにウエスト周りが大きくなったり、腹部膨満感などの異常を長く感じたりする時には、積極的に婦人科にかかるようにしましょう!

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がんのスクリーニング検査
サイトのTOPページへ