卵巣がんの検査・診断方法

卵巣がんの検査・診断

卵巣がんの検査・診断方法

卵巣がんのガイド

卵巣がん検査・診断方法について解説しています!

 卵巣がんは、子宮がんや乳がんのような「がん検診」がほとんど行われておらず、早期発見が難しい病気です。調べるためには、複数の検査を組み合わせて行われます。

少しでも気になる症状のある女性は、ぜひ一度、婦人科に相談してみましょう。

卵巣がんの画像検査

 卵巣を調べる検査としては、まず医師による視触診があります。

下腹部を目で確認し、膣内に指を入れて卵巣の状態をチェックする検査です。腫れが大きくなっている場合は、この触診で分かることがあります。

その後、超音波(エコー)検査へと移ります。卵巣がんの発見にもっとも有効といわれるのは、経膣超音波検査で、膣からプロープを挿入して中を観察します。

卵巣を近くからチェックできますので、小さな腫瘍も発見しやすい検査です。ただし、腫瘍が直径15センチを超えるような場合は、おなかの上からエコーをあてる経腹超音波検査のほうが望ましいこともあります。

超音波検査の結果、卵巣腫瘍の疑いがある場合には、引き続きMRI検査を受けることが一般的です。

磁気を利用して、体の断面を映し出す検査で、卵巣の様子をより詳しく調べることができます。特に卵巣は体の奥にある臓器ですので、MRIは非常に有効な検査です。良性・悪性の診断に役立つほか、周囲への浸潤の程度まで分かります。

転移の状況を調べるためには、X線によるCT検査も有効です。超音波、MRI、CTの3つの画像検査で、卵巣がんの診断はおおよそつくとされています。

その他の卵巣がん検査

 ただし卵巣は子宮などと異なり、直接外から組織を採取できない臓器ですので、良性か悪性かの正確な診断をつけるためには、手術で腫瘍を摘出する必要があります。

取り出した腫瘍をその場で簡易的に病理検査にかけて、悪性と判断されれば、そのままがんの根治手術に切り替えることになります。

もしくは、既にがんが進行して腹水がたまっている場合は、腹水を針で採取して、その中にがん細胞がないかどうかを調べる検査が行われることもあります。

他にも、がん細胞の性質を利用した「PET検査」という新しい検査も、卵巣がんの早期発見に役立てられています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がんの視診・触診
サイトのTOPページへ