卵巣がんと乳製品

卵巣がんの基礎知識

卵巣がんと乳製品

卵巣がんのガイド

卵巣がん乳製品について解説しています!

 乳製品が、いくつかのがんを引き起こすリスク因子であることは以前から指摘されてきました。特に卵巣がんに関しては、スウェーデンの研究所が調査した結果、一定の因果関係が認められています。

乳製品と卵巣がんの関係

 スウェーデンの「カロリンスカ医学研究所」が、38〜76歳の女性61,084人を対象として、13年間にわたって行った研究があります。

その期間中、266人の女性が卵巣がんの診断を受け、そのうち125人はかなり進行している状態でした。

彼女たちの食生活を調べた結果、1日に4人分以上の乳製品をとっている女性が、2人分以下の女性と比べると、卵巣がんを発症する確率が2倍であることが分かりました。

特に関連性が強く疑われたのは牛乳で、1日に2杯以上飲む女性は、それ以下の女性よりも卵巣がんにかかる確率が倍になるとのことです。

乳製品とがんとの関係は、卵巣がんのほかにも乳がんや前立腺がんにおいても指摘されてきました。

まだ原因は特定されていませんが、乳製品に含まれるラクトースという乳糖が、腫瘍の形成にかかわるホルモンの分泌を促進している可能性が考えられています。

しかし一方で、低脂肪牛乳や脱脂乳(スキムミルク)は、逆に卵巣がんのリスクを低くするという研究結果もあり、まだ因果関係ははっきりしているとはいえないようです。

バランスの良い食生活が大切

 実際、スウェーデンやスイス、デンマークなどの乳製品が豊富な国では、卵巣がんの発生率が高いことは確かです。もともと乳製品を食べる習慣のなかった日本では、卵巣がん患者が少なかったのですが、近年は増加傾向にあります。

しかしそこには、動物性脂肪の多量摂取なども関係しているかもしれません。乳製品だけがリスク因子であるとはいえないのが現状です。

また、他にもホルモンバランスを狂わせる食品として「トランス脂肪酸」が挙げられます。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニング、お菓子類に含まれている不飽和脂肪酸の一種で、既に販売が禁止されている国も増えてきています。

トランス脂肪酸は、子宮筋腫や子宮がんのリスクも上昇させることが分かっており、乳製品よりもこちらに気を付けるべき、とする意見もあります。

スウェーデンの調査結果をみても、1日に4人前以上の乳製品をとった女性が危険とされていますので、要はさまざまな食べ物をバランスよくとり、極端に偏らないことが大切といえそうです。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ>    次のページ→卵巣がん・子宮がん・乳がん
サイトのTOPページへ